IRニュース

2015年12月25日印刷はこちらから研究開発

公募型オープンイノベーション活動「PRISM」の選考結果のお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田 正世)は、オープンイノベーション活動の一つとして、2015年7月に開始した、国内の研究機関、研究者の皆様を対象に当社の創薬研究ニーズとマッチするアイデアを募集する公募型オープンイノベーション活動「PRISM」(Partnership to Realize Innovative Seeds and Medicines、以下「本活動」)について、2015年度の選考結果を下記のとおりお知らせします。
なお、採択案件については、順次、共同研究契約を締結し、共同研究を開始する予定です。

  1. 応募件数 60件
  2. 採択件数  4件
  3. 募集グループ別の結果
    募集グループ応募件数1次選考
    通過件数
    採択件数
    グループ1:新規創薬シーズの探索/検証 22 3 0
    グループ2:創薬研究ニーズの課題解決 25 6 2
    グループ3:当社が保有する化合物の新規適応疾患の創出 13 3 2
    合計 60 12 4

    ※採択した4件とは別に、3件の応募内容について、本活動の枠外での協業の可能性を協議しています。

当社は、本活動において、「くすりのこれから、わたしたちとともに」をモットーに、研究者の皆様の独創的なアイデアを具体化し、皆様とともにアンメット・メディカル・ニーズに応える新薬をより早く創出することを目指しています。
また、本活動を通じて、研究機関、研究者の皆様との連携強化を図るとともに、自社の創薬基盤の強化を図ることにより、革新的な医薬品の継続的創出、さらにはグローバルレベルの開発パイプラインの充実に繋がることを期待しています。

以上