IRニュース

2015年07月06日印刷はこちらから研究開発

公募型オープンイノベーション活動「PRISM」開始のお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田 正世)は、オープンイノベーション活動の一つとして、国内の研究機関、研究者の皆様を対象に当社の創薬研究ニーズとマッチするアイデアを募集する公募型オープンイノベーション活動「PRISM」(Partnership to Realize Innovative Seeds and Medicines、以下「本活動」)を開始しますので、お知らせします。
また、本活動に関するウェブサイト「PRISM」(http://www.ds-pharma.co.jp/prism/)を当社ウェブサイト内に開設しましたので、お知らせします。

当社は、新薬の継続的創出に向けて、自社創薬に加えて、国内外からの導入や提携をより推進・強化するために、2014年12月に、オープンイノベーション開発室を設置し、初期臨床段階までの新薬候補化合物や最先端技術に関する情報収集・評価を行い、初期臨床段階までの化合物の導入や提携などを推進しています。
本活動はその取り組みの一環であり、このたび、「新規創薬シーズの探索/検証」「創薬研究ニーズの課題解決」「当社が保有する化合物の新規適応疾患の創出」の3つの募集グループにおいて、合計8つのテーマについてアイデアを募集します。募集するテーマには、当社が保有する化合物ライブラリ、基盤技術の提供等、医薬品の実用化を強く指向したものも設定しています。

当社は、本活動において、「くすりのこれから、わたしたちとともに」をモットーに、研究者の皆様の独創的なアイデアを具体化し、皆様とともにアンメット・メディカル・ニーズに応える新薬をより早く創出することを目指します。
また、本活動を通じて、研究機関、研究者の皆様との連携強化を図るとともに、自社の創薬基盤の強化を図ることにより、革新的な医薬品の継続的創出、さらにはグローバルレベルの開発パイプラインの充実に繋がることを期待しています。

以上

【募集概要について】

※詳細(募集テーマ、提供可能な創薬基盤技術等を含む)については、ウェブサイト「PRISM」(http://www.ds-pharma.co.jp/prism/)をご覧ください。

  • 1.応募対象者

    日本国内の大学や研究機関などに所属する研究者で、応募内容の研究を日本国内で遂行可能な方

  • 2.募集グループ

    • グループ1:新規創薬シーズの探索/検証
    • グループ2:創薬研究ニーズの課題解決
    • グループ3:当社が保有する化合物の新規適応疾患の創出
  • 3.選考基準

    募集グループ/募集テーマとのマッチング、当社の創薬研究プロジェクトとのコンフリクト、研究内容の独創性または有用性、研究計画の実現性等により、当社研究本部に所属する募集テーマ提案者等が選考します。

  • 4.募集期間、選考スケジュール

    • 募集期間:2015年7月6日~8月31日
    • 1次選考:2015年9月1日~2015年9月30日
      応募フォームの記載内容を選考
      2015年9月30日までに選考結果を通知
    • 2次選考:2015年10月1日~2015年11月30日
      共同研究計画の策定に必要な情報と面談による選考
      2015年11月30日までに選考結果を通知
  • 2次選考を通過された応募者と共同研究契約の交渉、共同研究計画の策定を行い、条件が整った案件について共同研究を順次開始します。

  • 5.応募方法

    ウェブサイト「PRISM」の応募フォームよりご応募ください。

  • 6.研究期間、研究費用

    • 研究期間:原則1年間
    • 研究費:500万円/案件を上限に個別に決定

以上