IRニュース

2014年10月20日印刷はこちらから医薬品

抗うつ薬「パキシルCR錠」のコ・プロモーション終了のお知らせ

グラクソ・スミスクライン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:フィリップ・フォシェ)と大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市中央区、社長:多田正世)は、2012年4月から行ってまいりました抗うつ薬「パキシル®CR錠12.5mg」、「パキシル®CR錠25mg」(一般名:パロキセチン塩酸塩水和物、以下、「パキシル®CR錠」、CRはControlled Releaseの略称)のコ・プロモーションを2014年12月末日にて終了することに合意致しました。

両社は、うつ病・うつ状態の患者さんの治療の一助として、一人でも多くの患者さんに「パキシル®CR錠」を役立てて頂くべく、適正使用情報の迅速な提供・収集等を行ってまいりました。

2015年1月以降は、グラクソ・スミスクライン株式会社が単独で「パキシル®CR錠」の情報提供活動を行ってまいります。

グラクソ・スミスクライン株式会社と大日本住友製薬株式会社は、今後とも各々の取り扱い製品の適正使用情報の提供・収集等を通じて医療に貢献してまいります。

以上