IRニュース

2014年10月01日印刷はこちらから企業

米国Akorn社への「ゾペネックスIS」販売権譲渡に関するお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田 正世)は、当社の米国子会社サノビオン・ファーマシューティカルズ・インク(以下、「サノビオン社」)がこのほど、米国において販売している短時間作用型β作動薬「ゾペネックスIS」の販売権をAkorn, Inc.(本社:米国イリノイ州、以下、「Akorn社」)に譲渡する契約(以下、「本契約」)を締結しましたので、お知らせします。

本契約に基づき、サノビオン社はAkorn社より、「ゾペネックスIS」の販売権の譲渡対価として、45百万ドルを受け取ります。譲渡期日は2014年10月1日(米国時間)の予定です。Akorn社は譲渡日以降、「ゾペネックスIS」の販売を米国において開始します。

サノビオン社のExecutive Vice Presidentである馬場博之は、次のように述べています。「今回の販売権の譲渡により、当社は経営リソースを中長期的な成長分野に戦略的に再配分することで今後も有効な治療薬を提供していくとともに、ゾペネックスISについてもAkorn社を通じて患者さんに引き続き提供されることを嬉しく思います。」

定量噴霧式製剤である「ゾペネックスHFA」については、サノビオン社が販売を継続します。また、呼吸器領域では慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療剤として「SUN-101」を開発中です。

なお、本契約締結による2015年3月期の連結業績に与える影響は軽微です。

以上

(ご参考)

【ゾペネックスについて】
「ゾペネックスIS」は、サノビオン社が開発し、1999年に米国で発売した気管支けいれんの治療と予防に使用される気管支拡張薬です。2012年8月に後発医薬品が参入しました。

【Akorn社の概要】
Akorn社は、注射剤、点鼻薬、経鼻剤等、種々の製剤の開発、製造、販売を行っている製薬会社です。詳しくは、www.akorn.comをご覧ください。

以上