IRニュース

2014年07月23日印刷はこちらから企業

新規ベンチャーファンドへの出資に関するお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田 正世)は、このほど、Remiges Ventures(拠点:東京都、米国マサチューセッツ州、代表:稲葉 太郎)が新たに設立したベンチャーファンド「Remiges BioPharma Fund, LP」(以下、「本ファンド」)に対し、最大累計で30百万ドルを出資する契約を締結しましたので、お知らせします。

本ファンドは、2014年6月に設立され、イノベーションの創出が期待されるライフサイエンス分野において、主に米国および欧州でビジネスを展開するベンチャー企業への投資に特化したファンドです。

当社は、本ファンドへの出資を通じて、将来有望な新薬候補化合物や最先端技術を有するベンチャー企業に関する効率的な情報収集を図ることにより、開発パイプラインの充実、革新的な新薬の継続的創出に寄与することを期待しています。

(ご参考:ファンドの概要)

ファンド名:  Remiges BioPharma Fund, LP(レミジェス・バイオファーマ・ファンド)
設立時期:  2014年6月
活動拠点:  東京都、米国マサチューセッツ州
ファンドの規模:  最大150百万ドル
ファンドの期間:  10年間の予定
投資分野:  医薬品の研究開発などのライフサイエンス分野
投資地域:  米国、欧州など
URL:  www.remigesventures.com (Remiges Ventures)

以上