IRニュース

2013年05月24日印刷はこちらから医薬品

吸入ステロイド喘息治療剤「キュバール」に関する並行販売契約終了のお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:多田正世、以下、大日本住友製薬)とMSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ、以下、MSD)は、吸入ステロイド喘息治療剤「キュバール™」(一般名:ベクロメタゾンプロピオン酸エステル吸入用エアゾール)について、並行販売を行ってきましたが、契約期間の満了に伴い、2013年6月28日をもって、並行販売契約を終了することとなりましたのでお知らせいたします。

2013年6月29日以降は、大日本住友製薬が単独で「キュバール™」の販売および情報提供活動を行います。

大日本住友製薬およびMSDは今後も、呼吸器疾患における治療とその発展に貢献してまいります。

以上