IRニュース

2011年03月30日印刷はこちらから経営・財務

平成23年3月期業績予想の修正に関するお知らせ

最近の業績の動向を踏まえ、平成23年2月3日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたので、お知らせいたします。

1.平成23年3月期通期連結業績予想の修正(平成22年4月1日~平成23年3月31日)

(金額の単位:百万円)

売上高営業利益経常利益当期純利益1株当たり
当期純利益
前回発表予想(A) 365,000 22,000 19,500 11,000 27円69銭
今回発表予想(B) 379,000 29,000 26,500 15,000 37円75銭
増減額(B-A) 14,000 7,000 7,000 4,000
増減率(%) 3.8 31.8 35.9 36.4
(ご参考)前期実績
(平成22年3月期)
296,261 35,624 33,837 20,958 52円75銭

2.修正の理由

本日発表しましたとおり、武田薬品工業㈱との間で締結した非定型抗精神病薬「ルラシドン塩酸塩」(一般名)の欧州での開発・販売提携に関する契約に基づき、契約一時金100億円を当期の売上高・利益に計上します。
また、同社の注射用セフェム系抗生物質の国内導入契約に伴う契約一時金5億円、インターセプト ファーマシューティカルズ社との導入契約に伴う契約一時金15百万ドルなど複数の導入契約締結に伴い支払う一時金等を当期の費用に計上します。
また、医薬事業の売上高が前回発表を上回る見通しです。
これらのことから、平成23年3月期通期連結業績予想を、平成23年2月3日の公表値から、売上高は140億円増の3,790円、営業利益は70億円増の 290億円、経常利益は70億円増の265億円、当期純利益は40億円増の150億円に修正いたしました。
なお、このたびの東北地方太平洋沖地震による影響につきましては、一部を織り込んでいますが、未だ不透明な部分もあります。業績に重大な影響が見込まれる場合は速やかにお知らせいたします。

(注)上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績は、今後さまざまな要因により異なる結果となる可能性があります。

以上