IRニュース

2010年12月14日印刷はこちらから企業

中国子会社の合併完了のお知らせ

大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田 正世)は、このたび、中国における子会社の住友制葯(蘇州)有限公司(以下、「住友制葯(蘇州)」)および協和発酵医薬(蘇州)有限公司(以下、「協和発酵医薬(蘇州)」)の合併手続きが終了し、合併新会社としての営業許可証を取得しましたので、お知らせします。

当社は、中国における生産能力増強のため、2008年11月に、協和発酵キリン株式会社から同社の中国における生産子会社である協和発酵医薬(蘇州)の譲渡を受けました。その後、生産開始に向けて準備を行うとともに、住友制葯(蘇州)を存続会社とする合併の手続きを行ってきました。

旧協和発酵医薬(蘇州)の生産工場は、現在稼動に向けて準備中で、2011年第1 四半期(1~3月)の包装工程の開始を目指しています。当社は今後も、成長を続ける中国医薬品市場において、より一層の事業拡大に向けて尽力してまいります。

以上

(ご参考)

●合併新会社(住友制葯(蘇州)有限公司)の概要

  • (1) 商 号:住友制葯(蘇州)有限公司
  • (2) 代 表 者:中島 毅
  • (3) 所 在 地:中国江蘇省蘇州工業園区星龍街428号蘇春工業坊22番
  • (4) 設立年月日:2003年12月
  • (5) 事業の内容:医療用医薬品の製造・販売
  • (6) 決 算 期:12月31日
  • (7) 従業員数:525名(2010年11月30日現在)
  • (8) 資 本 金:3,500万ドル
  • (9) 売 上 高:41億円(2009年12月期)