IRニュース

2010年07月30日印刷はこちらから経営・財務

平成23年3月期業績予想の修正に関するお知らせ

最近の業績の動向を踏まえ、平成22年5月10日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたので、お知らせいたします。

(金額の単位:百万円)

1.平成23年3月期第2四半期連結累計期間連結業績予想の修正(平成22年4月1日~平成22年9月30日)

売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり
四半期純利益
前回発表予想(A) 181,500 3,500 2,000 700 1円76銭
今回発表予想(B) 186,000 14,500 13,500 8,100 20円39銭
増減額(B-A) 4,500 11,000 11,500 7,400
増減率(%) 2.5 314.3 575.0
(ご参考)前期第2四半期実績
(平成22年3月期第2四半期)
132,210 18,919 19,053 12,654 31円85銭

2.平成23年3月期通期連結業績予想の修正(平成22年4月1日~平成23年3月31日)

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
前回発表予想(A) 354,000 3,500 1,000 0 0
今回発表予想(B) 359,000 8,500 6,000 3,000 7円55銭
増減額(B-A) 5,000 5,000 5,000 3,000
増減率(%) 1.4 142.9 500.0
(ご参考)前期実績
(平成22年3月期)
296,261 35,624 33,837 20,958 52円75銭

3.修正の理由

  • (1) 第2四半期連結累計期間
    売上高は、欧州向けの輸出や米国子会社の主力品売上等が好調なことから前回発表予想を上回る見込みです。
    利益面では、売上高増加や売上原価率の改善により売上総利益が増加する見込みです。また、販売費及び一般管理費は、営業経費、研究開発費を中心に費用の発生が第3四半期連結会計期間以降にずれるものがあること等から、前回発表予想を下回る見通しです。
    これらのことから、平成23年3月期第2四半期連結累計期間の業績予想を、平成22年5月10日に公表した予想値に対し、売上高は45億円増の1,860億円、営業利益は110億円増の145億円、経常利益は115億円増の135億円、四半期純利益は74億円増の81億円に修正いたします。
  • (2)通期
    売上高は、第3四半期連結会計期間以降はおおむね前回発表予想どおりに推移する見通しで、第2四半期連結累計期間までの増加分が、通期でも前回発表予想からの増加となると見込んでおります。一方、販売費及び一般管理費は、第2四半期連結累計期間からのずれ等により、通期では前回発表予想並みを見込んでおります。
    これらのことから、平成23年3月期通期連結業績予想を、平成22年5月10日に公表した予想値に対し、売上高は50億円増の3,590億円、営業利益は50億円増の85億円、経常利益は50億円増の60億円、当期純利益は30億円増の30億円に修正いたします。

(注)上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績は、今後さまざまな要因により異なる結果となる可能性があります。

以上