IRニュース

2009年06月26日印刷はこちらから企業

米国における持株会社設立のお知らせ

当社は、2009年6月26日開催の取締役会において、本年7月に米国において当社全額出資の現地法人(持株会社)を設立することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせします。

1.持株会社設立の目的および概要

当社はグローバル化に向けた事業基盤の整備・強化を掲げた中期経営計画のもと、統合失調症治療剤「ルラシドン」の開発・上市を核とした米国事業展開を進めており、今般その一環として米国に当社全額出資の持株会社を設立します。
現在、米国において、当社全額出資の現地法人である大日本住友製薬アメリカ(Dainippon Sumitomo Pharma America, Inc.:以下「DSPA」)において、ルラシドンのグローバル開発、米国販売体制の構築準備等を進めていますが、今後の米国事業の進展に備え、持株会社を設立するとともに、DSPAを持株会社の100%子会社とします。
今後、持株会社の傘下には、新たに販売会社を設立する予定です。

2.持株会社の概要

(1) 会社名 : Dainippon Sumitomo Pharma America Holdings, Inc.(予定)
(2) 代表者 : 田村 伸彦
(3) 所在地 : One Bridge Plaza, Suite 510, Fort Lee, NJ, U.S.A.
(4) 設立日 : 2009年7月
(5) 出資金 : $23,000,000
(6) 株主構成 : 当社 100%
(7) 決算期 : 12月

3.出資の方法

当社保有のDSPA株式($600,000)を現物出資するとともに、現金$22,400,000を払い込みます。同時に持株会社からDSPAに$21,400,000の増資を行います。

4.当社業績に与える影響

持株会社設立による当社の業績への影響は軽微です。

以上