医薬品事業

日本

情報提供活動

新薬は、基礎研究や臨床試験、国による承認審査という長い道のりを経て、初めて患者さんに届けられます。さらに発売後も多くの患者さんに使われていくなかで、安全性や有効性が繰り返しチェックされ、より安心できる有用性の高い医薬品となります。このようにして得られた有効性、安全性等の情報に基づき適正に使用されてはじめて、医薬品は、人類の健康に貢献するという使命を果たすことができます。
当社は、MR(医薬情報担当者)を通して、医療関係者に必要かつ専門性の高い情報を提供しています。日々のMR活動を通じ、医療関係者からの信頼を得ること、そして患者さんの健康で豊かな生活に貢献していくことを目指しています。

国内営業重点領域

当社は、日本国内において、主に精神神経、循環器・糖尿病、スペシャリティ領域で営業活動を展開しています。
精神神経領域においては、パーキンソン病や統合失調症等の治療薬を取り揃え、精神神経領域における医療のパートナーとして貢献することを目指しています。
循環器・糖尿病領域においては、作用メカニズムの異なる各種の治療薬を持ち、様々な医療ニーズにお応えしています。さらにスペシャリティ領域(アンメット・メディカル・ニーズが高く、高度な専門性が求められる領域)においても、ファブリー病、深在性真菌症、慢性肝疾患におけるそう痒症等の分野で貢献しています。

製品ラインアップ

主要製品名薬効
トレリーフ パーキンソン病治療剤
ロナセン 非定型抗精神病薬
アイミクス 高血圧症治療剤
アバプロ 高血圧症治療剤
トルリシティ GLP‐1受容体作動薬
シュアポスト 速効型インスリン分泌促進剤
メトグルコ ビグアナイド系経口血糖降下剤
リプレガル ファブリー病治療剤
アムビゾーム 深在性真菌症治療剤
レミッチ そう痒症改善剤
ミリプラ 肝細胞がん治療剤

研究開発

新薬の継続創出に向けて

当社グループは、アンメット・メディカル・ニーズの高い精神神経領域とがん領域を研究重点領域とし、革新的な医薬品の創製を目指しています。精神神経領域では、治療満足度の低い症状の改善や、既存薬で充分な効果が得られていない患者さんの治療に焦点を当て、統合失調症、うつ病、アルツハイマー病等の研究開発を推進します。がん領域では、ボストン・バイオメディカル社(米国)、トレロ・ファーマシューティカルズ社(米国)とがん創薬研究所(日本)からなるグローバルな研究開発体制のもと、がん幹細胞と血液がんの分野で世界をリードし、画期的な製品の継続的創出を目指します。さらに、iPS細胞などの最先端サイエンスを創薬に応用するとともに、再生医療や細胞医薬の取り組みを強化し、難治性疾患の治療薬の開発にも挑戦します。
研究開発初期段階では、スーパーコンピューターを活用したインシリコ創薬技術、iPS細胞等の最先端サイエンスを創薬や再生医療・細胞医薬に応用する取り組みを進めています。また、国内外の大学を含む研究機関等との研究提携も積極的に推進し、2016年度においては、独創的な抗がん剤の創出を目指して、国立大学法人京都大学との協働研究(DSKプロジェクト)の第2期を開始しました。さらに、国内の研究機関および研究者を対象に当社の創薬研究ニーズと合致するアイデアを募集する公募型オープンイノベーション活動「PRISM」を2015年度から実施し、2016年度には複数のアイデアについて共同研究契約を締結しました。
研究後期および開発段階では、研究重点領域および新規分野を中心に、グローバルな視点からグループ全体でのポートフォリオの最適化を行っています。加えて、製品価値の最大化を目指した剤形展開などの製品ライフサイクルマネジメントやドラッグ・リポジショニングにも積極的に取り組んでいます。

がん領域へ本格参入

当社グループでは、がん領域を精神神経領域と並ぶ将来の柱の一つとすることを目指して、強化を図ってきました。2012年4月に、がん領域のバイオベンチャー企業であるボストン・バイオメディカル・インクを買収し、グローバル展開を本格的に始動させました。
画期的な薬剤の創出を目指して、2012年9月には、研究本部から独立した社長直轄の組織としてがん創薬研究所(本拠地:大阪研究所)を設置しました。また、ボストン・バイオメディカル社の研究規模の拡大を図るため、2013年2月に米国マサチューセッツ州ケンブリッジに、新たながん研究開発拠点を設置しました。2017年1月には、血液がんへの展開が期待できる魅力的な化合物群を有するトレロ・ファーマシューティカルズ・インクを買収し、グローバルながん研究開発体制の構築、拡充に取り組んでいます。

グローバル開発を基本戦略に

当社グループの研究開発は、CSO(Chief Scientific Officer)の統括のもと、日本・米国・中国の3拠点が連携を取って活動を行っています。CSOのR&D統括機能を効率化するため、2012年4月に、GBSC(Global Business Strategy Committee)を新設しました。GBSCでは、グローバルビジネスに関わる事業戦略、ライセンス案件、研究開発戦略(優先順位づけ、リソース配分)などを審議し、グローバルな視点からグループ全体でのポートフォリオの最適化を図っています。また、初期開発段階のプロジェクト推進などをグローバルな視点から審議しています。臨床開発については、Head of Global Clinical Developmentのもと、グローバルな一体運営を強め、よりスピーディかつ効率的な開発の推進を目指しています。

医薬品の生産

医薬品は人々の生命にかかわる商品であるため、その製造にあたっては、設計通りの品質が保証されていなければなりません。医薬品の製造および品質管理は、各国でGMP(Good Manufacturing Practice; 医薬品の製造管理および品質管理基準)によって厳格に定められています。
当社グループで生産された医薬品は、FDA(米国食品医薬品局)やEMA(欧州医薬品庁)、TGA(豪州医薬品管理庁)など輸出国規制当局の承認を得て、世界各国に輸出されており、欧米のGMPが当社の運用標準となっています。さらに、海外提携企業の監査、ICH(日本・米国・EU薬事規制調和国際会議)のガイドラインをはじめとしたグローバルレベルの厳しい品質基準もクリアする高い設備設計水準や品質保証体制を整えています。
グローバルレベルでの品質保証水準は、今後ますます厳格化していくと予想され、これらに対応するため、工場では固形製剤棟の新設や無菌保証レベルを向上させるRABS(アクセス制限バリアシステム)の導入をはじめ積極的に設備投資を行っており、生産部門・品質保証部門などの関連部門が一体となって、高品質の医薬品を提供する努力を続けています。

生産拠点

鈴鹿工場

効率を重視した工場として、原薬の製造から製剤、包装工程まで医薬品の製造を一貫して行う設備を整え、製造を行っています。

茨木工場

茨木工場内には、技術研究本部の製剤技術研究部門があることから、生産技術研究から生産、品質管理業務など、新製品や新技術に柔軟に対応できる開発機動型の製剤工場としての役割を持ち、散剤、錠剤、カプセル剤、注射剤などの剤形の医薬品を製造しています。

愛媛工場

無菌注射剤を厳格な管理体制のもとで製造しています。

大分工場

原薬製造の基幹工場です。原薬を365日、24時間体制で製造しています。

北米

サノビオン・ファーマシューティカルズ・インク

当社は2009年10月に米国医薬品会社セプラコール・インク(現サノビオン社)を子会社化しました。2010年4月に、セプラコール・インクは、当社開発子会社であるDainippon Sumitomo Pharma America, Inc.を合併し、社名をサノビオン・ファーマシューティカルズ・インク(サノビオン社)と改めました。サノビオン社は大日本住友製薬グループの北米事業を担っています。
サノビオン社は、既存製品の販売体制の最適化を図るとともに、2011年2月に米国で発売した非定型抗精神病薬「ラツーダ」の収益最大化に注力しています。

会社概要

設立年月      : 1984年1月
本社所在地     : 米国マサチューセッツ州マールボロ
北米セグメント売上高: 1,979億円(2016年度)
従業員数      : 1,727人(内、MR890人)(2017年9月30日現在)

製品ラインアップ

主要製品名薬効
ラツーダ 非定型抗精神病薬
アプティオム 抗てんかん剤
ウチブロン ネオへイラー 長時間作用性ムスカリン受容体拮抗薬/
長時間作用性β作動薬
シーブリ ネオヘイラー 長時間作用性ムスカリン受容体拮抗薬
ブロバナ 長時間作用性β作動薬
ルネスタ 催眠鎮静剤
ゾペネックス HFA 短時間作用性β作動薬

中国

住友制葯(蘇州)有限公司

当社は中国を重要な成長市場と位置づけ、積極的な事業展開を図っています。中国市場では現地法人の住友制葯(蘇州)有限公司が生産から販売を担い、現在「メペム」をはじめ4製品を販売しています。生産面においては、住友制葯(蘇州)有限公司の工場は、自社工場として現地販売製品の包装を行っています。加えて製剤から包装までの一貫生産の開始に向けての準備を進めています。既存製品に加え新製品を投入することにより、着実な成長を目指しています。

会社概要

設立年月      : 2003年12月
本社所在地     : 中国江蘇省蘇州工業園区
中国セグメント売上高: 176億円(2016年度)
従業員数      : 678人(内、MR340人)(2017年9月30日現在)

製品ラインアップ

主要製品名薬効
メペム(日本での販売名「メロペン」) カルバペネム系抗生物質製剤
アルマール(日本での販売名「アロチノロール塩酸塩錠「DSP」」 高血圧症・狭心症・不整脈治療剤
セディール セロトニン作動性抗不安薬
ガスモチン 消化管運動機能改善剤