アニュアルレポート2017
60/74

CSRマネジメント環境環境マネジメント 当社は、自らの環境負荷の責任を自覚し、事業活動のあらゆる領域で環境負荷の低減に取り組んでいます。 2005年度に制定した環境基本方針は、当社のあるべき姿とそれを実現するための取り組み項目を示したものですが、制定以来、当社の環境活動を進めるうえでの柱となっています。 さらに環境基本方針のもと、3カ年の重点課題とその目標を設定した中期環境計画を策定するとともに、毎年の年度実施計画も策定し、環境活動を計画的かつ効果的に進めています。 なお、当社では3工場(鈴鹿工場・茨木工場・大分工場)でISO14001の認証を取得しています。環境基本方針 当社は、地球環境が重大な局面を迎えていることを認識し、人類の生命を守り健康の保持に貢献する企業として、そのすべての事業活動を通じて環境保全と循環型社会形成に積極的に取り組み、豊かで住みよい世界の実現のために全力を尽くします。■ 環境負荷の全体像(2016年度)(注)集計対象:国内事業場(工場、研究所、物流センター、大阪本社、東京本社、支店・営業所)INPUTOUTPUT事業活動研究開発物 流総エネルギー使用量●電力●化石燃料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42,228kl21,555kl20,673kl原材料使用量●製品用原料(金属除く)●製品用原料(金属)●PRTR対象物質●製品用梱包資材・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5,283t19t1,911t889t●CO2排出量(エネルギー起源)●塩素系有機化学物質●SOx●NOx●ばいじん●PRTR対象物質・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73,533t5.4t0.2t43.5t0.9t6.5t用水使用量●上水道●工業用水●地下水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・254,537t339,941t330,303tエネルギー使用量(原油換算)・・・・・・・・・・・・・・うちガソリン1,533kl大気への排出●総排水量●BOD●COD●燐●窒素●PRTR対象物質・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・877,064t10.5t5.4t0.1t1.0t0.0t水系への排出●廃棄物排出量●リサイクル量●最終処分量●PRTR対象物質・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8,821t7,386t20.4t1,740t廃棄物(注)BOD、COD、燐、窒素、PRTRは公共用水域、下水道への排出量環境基本方針●環境負荷の少ない製品と技術の開発●環境負荷の少ない事業活動の推進●全社を挙げての環境保全活動●法令遵守と自主的な取り組み●教育と啓発●地域社会での環境保全活動●コミュニケーション中期環境計画環境基本方針を達成するための具体的施策として中期環境計画を策定年度実施計画中期環境計画を達成するための実行計画として年度実施計画を策定生 産オフィス59大日本住友製薬株式会社 アニュアルレポート2017

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る