アニュアルレポート2017
55/74

400人DSP Academy参加人数※※ 5年間での参加見込選抜型研修 「DSP Academy」の設立経営塾で講師を務める当社社長 当社は、人材育成を通して、さらに強い企業文化を構築し、業績の向上に寄与するために、2016年度を教育投資元年と位置づけ、人材育成体系の再構築を開始し、推進しています。その一環として、能力(グレード)別の選抜型教育研修プログラム「DSP Academy」を2016年7月に設立しました。 DSP Academyは、若手から中堅、管理監督職の各層において、向上心があり潜在女性の活躍推進 当社は、ダイバーシフィケーションの取り組みのひとつとして、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいます。日本経済団体連合会が推奨する「女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画」を策定するとともに、2016年に施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」で義務づけられている「一般事業主行動計画」を策定し、2020年に管理職における女性比率を10%以上にすることを目標に掲げています。2017年3月時点の当社の管理職における女性比率は約8%、部長職以上の女性の割合は約13%です。2017年4月には、ダイバーシフィケーション担当の執行役員を置きました。的能力のある社員を対象とし、代表取締役社長の多田正世が塾頭として将来の経営者を養成する「経営塾」などで構成されています。 当社は、今後も社員の能力向上教育を含め、個の能力を高めるための全社的教育プログラムの構築を推進することにより、成果を創出できるプロフェッショナルな社員を育成することを目指します。経営塾次期経営幹部候補A3塾次期部門長候補A2塾次世代リーダー候補A1塾優秀人材の早期発掘DSP Academy(選抜型研修)大日本住友製薬株式会社 アニュアルレポート201754

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る