アニュアルレポート2017
34/74

各地で製品価値の早期最大化を目指しています。マーケティング日本市場アイミクス高血圧症効能・効果特 長イルベサルタン(アバプロ)とアムロジピンベシル酸塩(アムロジン)との配合剤ロナセン効能・効果特 長統合失調症ドパミンD2受容体とセロトニン5-HT2A受容体を遮断トレリーフ効能・効果特 長パーキンソン病レボドパ賦活型パーキンソン病治療剤Japan■ 重点領域での営業力をさらに強化■ 地域医療に柔軟に対応できる高効率な営業体制の構築(億円)(予想)(年度)2014201520162017日本市場売上高1,5661,4651,3921,408JapanChina●日本の患者数は約16万人。発症年齢は50~65歳に多く、高齢になるほど発病率が増加。●病勢の進行そのものを止める治療法は現時点では存在しないため、症状の程度によって適切な 薬物療法や手術療法を選択。対象疾患について●日本の患者数は約77万人。●慢性の経過をたどりやすく、再発予防のための治療の継続が大切となるが、新しい薬の開発と 心理社会的ケアの進歩により、初発患者のほぼ半数は、完全かつ長期的な回復を期待できる ようになっている。対象疾患について●日本の患者数は約1,010万人とされており、高血圧性疾患による死亡数は年間6,000人以上に のぼる。●治療の基本は生活習慣の修正(運動療法・食事療法)と薬物治療。進行すると血管壁の弾力性や しなやかさが失われ、動脈硬化が促進される。対象疾患について33大日本住友製薬株式会社 アニュアルレポート2017

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る