アニュアルレポート2017
10/74

Business Model for Value Creation社会課題価値創造プロセスビジネスモデル──価値創造プロセス自社の保有する資本を有機的に統合し、すべての事業プロセスでイノベーションを追求し、価値を創出していきます。また同時に各プロセスで果たすべき社会的責任を明確にし、CSRに取り組みます。詳細はP51CSRマネジメント詳細はP.00研究開発マーケティング価値創造の源泉事業活動●研究重点領域:「精神神経領域」「がん領域」。他に「治療薬のない疾患分野」や「再生・細胞医薬分野」に注力●最先端技術を有する自社の研究所、また国内外の研究機関との積極的な連携による、革新的創薬を目指した研究活動●日米が一体となったグローバル臨床開発体制のもと、後期臨床開発品を中心に効率的に開発を促進●日本:重点領域での営業力強化、地域医療に柔軟に対応できる高効率な営業体制の構築●北米:「ラツーダ」「アプティオム」のさらなる伸長、新製品投入によるCOPD領域の売上拡大●中国:既存製品の利益最大化、高効率な事業基盤の確立詳細はP19詳細はP33自然資本●事業活動に関わる環境資源●事業活動による環境負荷の最小化の取り組み社会関係資本●患者さん、一般生活者からの信頼●医療機関、取引先との信頼関係人的資本●将来を担う人材の育成(DSP Academy)●多様な人材の活躍を目指すダイバーシフィケーションの推進●従業員満足度向上の取り組み(DSPオピニオン)知的資本●特許、ライセンスなどの知的財産●新薬を創出するための研究開発力製造資本●安定的に製造を行うことができる生産拠点●最先端技術を有する研究所●グローバルサプライチェーン財務資本●日本・北米を中心とした、安定的かつ健全な財務基盤アンメット・メディカル・ニーズ治療法のない病気に対してはもちろん、治療に対する満足度が不十分な病気など、いまだ満たされていない医療ニーズがある。医療アクセスに関わる課題医療システムの不備や貧困などにより、すべての人が平等に必要な医療を受けることが困難な地域や国が存在する。09大日本住友製薬株式会社 アニュアルレポート2017

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る