「行動宣言」における「実践の手引き」

当社は、役員および従業員の一人ひとりが、「CSR経営」の推進において、日々の業務を通じて常に「行動宣言」を実践するために、「行動宣言」の項目ごとに具体的な行動に落とし込んだ「実践の手引き」を策定しています。これは、日常業務・生活における行動の指針であり、また全社がCSRに一丸となって取り組むための基軸でもあります。

1. "Innovation today, healthier tomorrows"の実現に取り組みます世界の人々がより健やかに自分らしく過ごせるよう、つねに新たな変革を自らに課し、イノベーションの実現にスピードをもって挑みつづけます。

具体的な行動例

  • 患者・医療従事者等の視点に立った製品・情報・サービスの提供
    • 常に患者・医療従事者をはじめとする顧客の視点に立って業務に取り組みます
    • 安全性と品質の高い製品・情報・サービスを提供します
    • 顧客に提供した製品・情報・サービスに対して、責任を持ってサポートします
  • 顧客のニーズの把握と反映
    • アンメットメディカルニーズをはじめとする顧客が求められるニーズについて、常に多角的な視点を持ち、深く考察します
    • 顧客から寄せられたニーズを、関連部門で共有し、迅速かつ適切に対応します

2. 誠実な企業活動を行います法令を遵守し、高い倫理観を持って透明かつ公正な企業活動を行います。
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体との関係遮断を徹底します。

具体的な行動例

  • 公正・透明な企業活動
    • 公正・透明な取引を行い、事実に即した適正な会計処理・報告を行います
    • 取引先と対等かつ健全な関係を保ち、強要や贈収賄などの腐敗行為をしません
    • 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との取引をしません
  • コンプライアンス違反への対応
    • 社会のルール・良識に反する言動を見聞きした際、上司・関連部署に連絡します
    • コンプライアンス違反に関する疑問は、相談窓口に相談・報告します
  • 適正使用・安全性情報提供の推進
    • 製品の品質・安全性に関する事故・トラブルの未然防止に万全を期します
    • 顧客の安全性に影響を及ぼす事態の発生時は、迅速かつ正確に情報開示します
  • 第三者の権利の尊重
    • 第三者が保有する情報を不正に入手しません
    • 第三者の知的財産権、著作権を侵害せず、名誉・信用をおとしめません

3. 積極的な情報開示と適正な情報管理を行います社会に向けて適時適切、公正な情報開示を行います。
企業活動を通じて得た個人情報や顧客情報を適正に保護・管理します。

具体的な行動例

  • 適正な情報開示
    • 顧客の安全に影響を及ぼす事態の発生時は、迅速かつ正確に情報開示します
    • 業務を通じて得た情報は、上司を通じて適切な部署へ正確に報告します
    • 社外に情報を開示する際は、事前に上司を通じて適切な部署の了承を得ます
  • 適正な情報管理と保護
    • 顧客、取引先、従業員等の個人情報は、定められた目的以外に使用しません
    • 不正な手段で個人情報や顧客情報を取得しません
    • 個人情報や顧客、技術、経営等に関する情報は、改ざんや漏洩が行われないように責任をもって管理・保護します
    • 公表前の重要情報は、その管理を徹底し、関係者以外に漏らしません

4. 従業員の能力を活かします従業員の多様性・人格・個性を尊重します。
安全で働きやすい職場環境を確保し、能力開発の機会を提供します。

具体的な行動例

  • 安心して仕事に専念できる職場環境づくり
    • 安全な職場環境づくりを優先し、従業員の心身の健康保持・増進に努めます
    • 社内ルールを遵守し、働きがい・満足度を感じられる職場運営を心掛けます
  • 能力の発揮と育成の重視
    • 従業員の多様性・人格・個性を認め、互いに尊重し合います
    • 上司は、部下の成長機会を創出し、公平かつ透明な評価に最善を尽くします
    • 従業員は、自己研鑽に努め、仕事を通じて自分の能力を最大限に発揮します
  • 自律性・主体性と創造性の重視
    • 主体的に考え、変化を恐れず、困難な状況に前向きに挑戦します
    • 職場の目標とその達成に必要な情報を共有します
    • 対話を重んじ、前向きな提案・意見や建設的な批判に真摯に耳を傾けます
  • けじめのある職場風土づくり
    • 公私の区別をつけた言動をとり、常に合理性をもった言動をとります
    • 都合の悪い情報こそ、迅速に上司へ報告します

5. 人権を尊重します全ての人々の人権を尊重して企業活動を行います。
一切の差別や嫌がらせを排除し、強制労働や児童労働を認めません。

具体的な行動例

  • あらゆる差別的言動の排除
    • 社内外を問わず、人種、国籍、出身、宗教、思想、信条、性別、障がい、年齢、性的指向(LGBT)、雇用形態、職業などに関する差別的言動をしません
    • セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント等、個人の尊厳を傷つける言動をしません
  • 労働環境における人権の尊重
    • 世界人権宣言およびILO(国際労働機関)中核的労働基準を尊重し、全ての人々の人権を尊重して、企業活動を行います
    • 当社および取引先における、結社の自由および団体交渉権の尊重、強制労働の禁止、児童労働の実効的な廃止、雇用および職業における差別の排除に取り組みます

6. 地球環境問題に積極的に取り組みます地球環境問題への取り組みを人類共通の課題と認識し、企業の存在と活動に必須の要件として、積極的に行動します。

具体的な行動例

  • 環境意識の醸成
    • 環境問題を自分自身の問題ととらえ、主体的に取り組みます
    • 気候変動やエネルギー問題など、環境に関する情報に対し、積極的に目を向けます
  • 資源・エネルギーの有効活用
    • 電気、水、ガス、ガソリンなどの使用を削減し、資源の有効利用に努めます
    • ものを大切に利用・再利用し、資源の節約と廃棄物の減量に努めます
    • 廃棄物を定められた種類に分別し、リサイクルに積極的に取り組みます
    • エコマーク商品、省エネ商品など、環境負荷が小さな商品の使用を心掛けます
  • 家庭での環境活動
    • 家庭においても、省エネ・省資源につながる活動に積極的に取り組みます

7. 社会との調和を図りますステークホルダーとの対話を重視し、社会貢献活動を推進します。
各国・地域の文化や慣習を尊重し、企業活動を通じて地域社会の発展に寄与します。

具体的な行動例

  • 社会とのコミュニケーション
    • 社会(ステークホルダー)との対話の機会を積極的に持ちます
    • 社会からの期待・要望に、謙虚な姿勢で耳を傾け、対応を検討して報告します
  • 社会人・企業人として適切なふるまい
    • 自らの行動が社会に与える影響について、常に考えながら行動します
    • 業務中、業務外を問わず、社会の良識やマナーに反する言動をしません
  • 地域社会との関わり
    • 地域社会とのコミュニケーションを大切にします
    • 企業活動を通じて、地域社会の発展に貢献します
  • 社会への積極的な関与
    • 社会貢献活動やボランティア活動に積極的に取り組みます
    • 社会の一員として、社会への関心を高く持って生活します
    • 生命関連企業の一員として、健康的な生活を心掛け、疾病の予防や早期発見、医療制度などの政策、海外での流行病など、健康に対する話題に関心をもちます