健康宣言

従業員が健康でいきいきと活躍できる会社を目指して

野村 博大日本住友製薬株式会社
代表取締役 専務執行役員
経営企画、渉外、秘書、人事、経理担当
野村 博

当社は、「人々の健康で豊かな生活のために、研究開発を基盤とした新たな価値の創造により、広く社会に貢献する」を企業理念に掲げています。

この企業理念を達成するためには、従業員一人ひとりが自らの能力を最大限に発揮することが必要です。そのためには、従業員一人ひとりが心身ともに健康で、いきいきと仕事に取り組める職場づくりが大切であるとともに、従業員自らが、自身とその家族の健康維持・増進に努めることで、仕事と仕事以外の生活の充実を図ることが重要であると考えています。

これまでも従業員とその家族の健康維持・増進に向け、様々な施策に取り組んでまいりましたが、これまで以上に健康増進活動を推進するため、新たに「健康宣言」"Health Innovation"を策定しました。

当社は、今後も、人々の健康で豊かな生活に貢献できるよう、当社のすべての従業員とその家族の健康で豊かな生活の実現に組織一丸となって取り組んでまいります。

大日本住友製薬の「健康宣言」"Health Innovation"

  • 当社は、大日本住友製薬健康保険組合と連携し、従業員とその家族の健康づくりに積極的に関与し、仕事と仕事以外の生活の充実を図ります。
  • 当社の従業員は、企業理念の実現のために、自身とその家族のこころと体の健康の保持・増進に真摯に取り組みます。

具体的な取り組み

  • 喫煙者ゼロを目指して、2019年4月までに当社全国事業所内の全面禁煙(喫煙所の閉鎖)を実現します。
  • 疾病の重症化予防強化のため、特定保健指導対象者および産業医の判断による要治療対象者の未受診者ゼロを目指します。
  • メンタルヘルス対策は、社内産業保健スタッフ、外部EAP(Employee Assistance Program)および医療機関などが連携し、メンタル不調者の予防、早期発見・早期対応、療養のサポート、復職支援までの環境作りを推進します。
  • 被扶養者の特定健診未受診者ゼロを目指します。