公正な事業慣行

当社は、「行動宣言」の第2項において「誠実な企業活動を行います」を、第3項において「積極的な情報開示と適正な情報管理を行います」を掲げ、また「コンプライアンス行動基準」において「法令を遵守し、高い倫理観を持って透明かつ公正な企業活動を行うこと」へのコミットメントを明記しています。

「公正な企業活動」における基本的心構え

  • 私たちは、高い倫理性が求められる生命関連産業の一員として、法令を遵守し、高い倫理観を持って透明かつ公正な企業活動を行います。
  • 私たちは、コンプライアンスの精神に反するような事態が生じた場合には、原因究明・再発防止に努めるとともに、厳正かつ公正な対処を行います。
  • 私たちは、取引先に業務を委託した場合でも、その製品・サービスの最終的な責任は私たちに課せられることを自覚し、健全かつ公正で対等なパートナーシップに基づく取引に努めていきます。
  • 私たちは、国際的な事業活動において、国際ルールおよび現地の法令を遵守するとともに、現地の文化・慣習を尊重します。
  • 私たちは、国内外の子会社および提携会社等に対しても法令および企業倫理の遵守を求めていきます。

大日本住友製薬の公正・透明な企業活動

  • 適正な情報管理・開示
  • 医療機関・患者団体との適切な関係性
  • CSR調達の取り組み
  • 知的財産の尊重

「公正な企業活動」に関する詳細は、こちらをご覧ください。

当社の取り組みを、4つのカテゴリに分類して紹介します。

  • 適正な情報管理・開示
    適正な情報開示
    個人情報や顧客情報の保護・管理
    情報セキュリティの徹底
  • 医療機関・患者団体との
    適切な関係性
    透明性に関する指針
    医療機関等との連携における透明性に関する指針
    患者団体等との連携における透明性に関する指針
    公正なプロモーション活動
  • CSR調達の取り組み
    調達の基本的な考え方「調達倫理」
    取引先選定基準による取引先様のCSR活動評価
    安定・安全調達
    コンプライアンス教育・研修
    グリーン調達
    グローバルなCSR調達を推進していくために
  • 知的財産の尊重
    知的財産の基本的な考え方
    研究成果の権利化から事業展開まで一貫した対応