環境基本方針

当社は、自らの環境負荷の責任を自覚し、事業活動のあらゆる領域で環境負荷の低減に取り組んでいます。
2005年度に制定した環境基本方針は、当社のあるべき姿、そしてそれを実現するための取り組み項目を示したものですが、制定以来、当社の環境活動を進めるうえでの柱となっています。
さらに環境基本方針のもと、3ヵ年の重点課題とその目標を設定した中期環境計画を策定するとともに、毎年の年度実施計画も策定し、環境活動を計画的かつ効果的に進めています。

環境基本方針

大日本住友製薬は、地球環境が重大な局面を迎えていることを認識し、人類の生命を守り健康の保持に貢献する企業として、そのすべての事業活動を通じ環境保全と循環型社会形成に積極的に取り組み、豊かで住み良い世界の実現のために全力を尽くします。

  1. 環境負荷の少ない製品と技術の開発
    研究開発から調達・生産・販売・流通・使用・使用後に至る製品のライフサイクルの全過程において、環境負荷の少ない製品と技術の開発に努めます。
  2. 環境負荷の少ない事業活動の推進
    すべての事業活動において、環境リスクを管理し、新環境技術を積極的に採用して、省エネルギー・地球温暖化防止、リサイクルの促進・省資源・廃棄物の削減、化学物質の排出抑制に取り組みます。
  3. 全社を挙げての環境保全活動
    全社を網羅する環境マネジメントシステムを運用し、目標を定めて、積極的に環境保全活動を推進します。
  4. 法令遵守と自主的な取組み
    環境関連法令等を遵守するとともに、自主管理基準を設定し、環境保全の向上に継続的に取り組みます。
  5. 教育と啓発
    環境保全に関する教育・啓発活動を通して、環境保全の重要性を周知徹底します。
  6. 地域社会での環境保全活動
    職場のみでなく、家庭や地域社会の場で環境保全活動に積極的に取り組みます。
  7. コミュニケーション
    環境保全活動に関する情報公開を推進し、社会の声を聞き、社会と共に歩み続けます。