消費者課題

顧客視点の企業活動

当社は、製薬企業として、安全操業を基本としながら、確かな品質の医薬品を安定供給することを最大の使命と考えています。
顧客視点に立った、製品・情報・サービスの提供に関する当社の取り組みを、5つのカテゴリに分類して紹介します。

大日本住友製薬の顧客視点の企業活動
  • 安定供給の取り組み
    安定供給体制の確立
    グローバルサプライチェーンの強化
    事業環境の変化への対応
    物流体制の強化
  • 製品の安全性確保の取り組み
    品質保証体制
    品質情報システムによる問い合わせへの迅速な対応
    グローバル安全情報(症例情報)への取り組み
    医療機関への迅速かつ正確な情報提供体制
    製品情報検索システム「DI-SaGaS」
  • 顧客ニーズの把握と反映
    患者さんのニーズへの対応
    顧客ニーズの製品・情報・サービスへの反映
    インフォームド・コンセントの形成をサポート
  • 医療アクセス向上の取り組み
    基本的な考え方
    SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」に対する取り組み
    パートナーシップ活動「Access Accelerated」への参画
    医療アクセス向上を目指した取り組み
    グローバルヘルス技術振興基金への参画
    偽造医薬品対策
    未承認薬・適応外薬の開発要望への対応
  • 顧客とのコミュニケーション
    問い合わせ対応の専用窓口「くすり情報センター」
    ウェブサイトを通じた情報提供