ステークホルダー・エンゲージメント

大日本住友製薬のステークホルダー・エンゲージメント

企業市民としての当社が、現代社会におけるあらゆる課題に取り組むためには、広い視点をもつことが大切です。
私たちは、医療関係者、患者さんやそのご家族、株主・投資家、地域社会、社外役員、従業員といった、当社に関わるすべてのステークホルダーとの対話(ステークホルダー・ダイアローグ)を積極的にもち、社会からの期待や要望を把握することを重視しています。

大日本住友製薬のステークホルダー・エンゲージメント

ステークホルダー・ダイアローグ 2015年度の実施状況

2015年度のステークホルダー・ダイアローグの実施状況は以下のとおりです。

ステークホルダー ダイアローグの機会 実施状況 備考
患者さん、ご家族 ●くすり情報センター 約2,700件 詳細は、「消費者課題」をご覧ください
●一般向けウェブ「健康情報サイト」 随時更新
●中高生向けウェブ「すこやかコンパス」 随時更新
●患者団体、NPO団体との協働 随時実施
医療関係者 ●くすり情報センター 約40,000件
●日常的なMR活動 国内15支店
●医療関係者向けウェブ「医療情報サイト」 随時更新
株主・投資家 ●定時株主総会 年1回開催 詳細は、「IRカレンダー」をご覧ください
●アナリスト・機関投資家向け決算説明会 年2回開催
●カンファレンスコール 年2回開催
●アナリスト・機関投資家とのミーティング 年95回開催(国内のみ)
●R&D説明会 年1回開催
地域社会 ●従業員による出張授業 計7校にて、約900名の中高生を対象に開催 詳細は、「従業員参加型の支援活動」、「生物多様性への取り組み」をご覧ください
●事業所拠点地域でのボランティア活動 33種の活動にて、計304名の従業員が参加
社外役員 ●取締役会 年14回開催 詳細は、「コーポレートガバナンス」をご覧ください
●監査役会 年13回開催
従業員 ●DSPオピニオン(全社意識調査) 年1回開催 回答率98%、4106名の従業員が参加 詳細は、「公正な事業慣行」をご覧ください
●役員と従業員との意見交換会 各職場で年複数回開催