社会的な支援活動

寄付講座の設立に賛同

当社は、2015年4月に、国立大学法人京都大学大学院医学研究科が産学両方で創薬を担う人材の養成を目的として、寄付講座「創薬医学講座」の設立に賛同し、寄付を行いました。
寄付講座の詳細は、こちらをご覧ください。

「てんかん治療研究振興財団」への支援

てんかん治療研究振興財団は、てんかん分野の治療研究の振興を図り、国民の健康・医療に貢献するために、旧大日本製薬株式会社の創立90周年を記念して設立されました。その後、2010年10月1日に新公益法人制度の移行認定を受け、「公益財団法人」としての新たなスタートを切り、当社および有志の方々の寄付によって運営されています。てんかん治療に関する助成事業と表彰事業を行っており、事業の公表の場として研究報告会を開催し、研究年報を刊行しています。
2015年度は、研究助成を12件、海外留学助成を2件、招日研究助成を2件行いました。当社はこれからも、当財団への支援を通じて、医療・福祉の向上に寄与していきます。
財団の活動の詳細は、こちらをご覧ください。

ワクチン事業の推進

当社では、新規事業分野の一つとして、2013年度から、ヒトパラインフルエンザ2型ウイルスベクター技術を用いた「新規結核ワクチン事業」に参画し、新興国・開発途上国を中心としたグローバルヘルスへの貢献に取り組んでいます。
詳細は、こちらをご覧ください。

研究助成

当社では、医学・薬学、またそれらに関連する分野において研究を行う研究者に対して、「公募による研究助成」を実施しています。

研究助成情報

過去の研究助成情報